コンセプト

Quand Photos

080-4124-9410

営業時間:9:00~20:00

コンセプト

コンセプト

コンセプト

「時が刻まれた写真」を
お届けします。

20160406_quan2882_r

『Quand Photos(クアン・フォト)』=『時が刻まれた写真』

突然ですが、皆さんは写真を撮られるとき、どんな風に撮られていますか?
「目つぶりしないようにしよう!」とか、「止まってなきゃいけない」など、写真を撮られる時は静止していないといけないイメージを持っていませんか。
静止して撮られると、無表情で写ってしまったり、表情を作ってしまい硬い表情の写真になってしまい、本来の自分の魅力や良さが写っていない写真になったことはないでしょうか。
これでは、せっかく撮っても嬉しくありませんよね。
でも、記念写真やプロフィール写真が欲しいと思ったときに、この様に考えるのではないでしょうか。

「自分のご褒美にすごく綺麗に今の自分を残しておきたい!」
「とびきり笑顔が自分らしい、元気な姿を撮りたい!」
「いつもパパやママがカメラマンなので、子供と一緒の写真が欲しい!」
「仕事用に、安心して任せてもらえるような信頼感がある写真が欲しい!」
「清潔感があって、知的に見える感じに写りたい!」

と、いろいろな想いで写真を撮られると思います。
これらの良い表情や魅力を撮るためには、カメラを操作する技術よりも、コミュニケーションや経験や時間が必要です。

20160726_quan0891_r

時間というのは、初対面のフォトグラファーを目の前にして、良い表情で撮られるには、少し慣れる必要があるからなんです。普通の人は緊張してしまい、さっと良い表情になることは難しいことです。
気心が知れて親しくなるまでにはある程度の時間が必要です。
このことから、「短い時間で規定枚数を撮る撮影」では、写真慣れしている人やモデルをしている人は良いのですが、慣れていない万人にはハードルが高く、せっかく撮ってもらったのに満足出来なかったという結果になることも少なくありません。

良く聞くのが、「ハイ次、ハイ次」と流れ作業で撮られたとか、「あっという間に終わって良い写真が無くて困った」などです。
こんな方もいました、「以前有名なプロに撮ってもらったんです」と見せてもらった写真、他人が見たらとっても綺麗に写ってるのです。でも、ご本人からすると気に入らないから再度撮りなおしたいというのです。
理由を聞いてみると、「自分らしくないんです」というのです。
手にしたのは、容姿が綺麗に写っているだけの他人のような自分の写真だったのです。

あなたの知らない魅力を
ひきだします。

0041_r

真の自分の良い顔は、実はあまり見たことが無いのです。

ポートレート写真、プロフィール写真などの人物写真を専門に、一般の方3000人以上・ウエディング160組以上の沢山の人をキレイに撮ることを実践してきました。そこで思うことは、日本人は、世界でもっとも写真写りが苦手な人種ではないかということ。

『自分を表現することが苦手=上手く笑えない=写真が苦手』

皆さんの撮影前に、写真写りどうですか?と質問すると、「苦手です」と答える方が圧倒的に多い。
そして、「写真写りが良い時と悪い時の差が激しい」と言います。
どんな時に良く写ってますか?と聞くと、「知らないうちに撮られた時」と皆さん言います。

では、カメラを見て撮られた時に、良く写らないのは何故でしょう。
これは、写真を撮られる時に、自分の理想に近い良い顔を、作ってしまうからなんです。
顔の形だけ作ってしまうと、顔(外見)と心(内面)のバランスが崩れ・・・その結果・・・変顔の出来上がり!
真の表情は、心の内面から湧き出てくるものなので、意識して作るものではないのです。

『表情=心』

人は、楽しいとき、充実している時は生き生きと自然に素敵に輝いて見えます。
そしてその輝きは誰もが持っているものです。
内に秘めた心の内面が現れた時が自分らしく魅力的に見える時なのです。
「知らないうちに撮られた時」の自然体で心が表れた真の自分の良い顔は、実はあまり見たことが無いのです。

真の自分の良い顔を見ると・・・、
「自分ってこんなにかっこう良かった?」
「私ってこんなにキレイ、可愛かった?」
「私こんな良い表情するんだ~!」

と、皆さんそう言います。
そんな真の自分らしく、そして、まだ知らない本当にキレイで魅力的な自分に出逢ってください。
自分の可能性がもっともっと広がり、自分を好きになれます。

0014_r

Quand Photos(クアン・フォト)は、人の写真を撮るには、その人が自然体の気持ちになれるまでの時間や、コミュニケーションを大切にすることが重要だと考えています。
自分らしく写った写真には力があり、『自分らしさ』が写っていて、初めて『魅力が伝わる生きた写真』になるのです。

その人の生きた『自分らしさ=人生』を大切に、記録として外見を残すのではなく、記憶として想いを残しておきたい。輝いている魅力的な時間を、写真に刻みこんで残すことで、写真を見るたびに思い出して楽しい気持ちが蘇ったり、その人の人生が少しでも勇気づけられ、潤い、輝けるようにお手伝いができればと思い、活動しています。

そんな少しでも力のある写真を提供して行くことで、一人一人が幸せになり、小さいところからでも世の中に貢献して行きたいと考えています。

『Quand Photos(クアン・フォト)』(French)とは、
生きた「時が刻まれた写真」という意味を込めて活動を表現しています。

「私らしさ」をお楽しみください。

20150330_quan09990_r

写真写りが良くなって、自己表現する楽しさを知ってもらいたい。

写真写りで大事なことは、2つあります。
それは『表情』と『仕草』です。
どちらが欠けても本当に良い写真にはなりません。
逆にいうと、『表情の素となる心(内面)』と『仕草の素となる姿勢(外見)』、これらを整えることで写真写りは劇的に変化し、想像を超えて3倍キレイになれるのです。

Quand Photos(クアン・フォト)の撮影が他の撮影と違うところは、ただ写真を撮るのではなく、写真の写り方(表情や仕草)をレッスンしながら、その人にあった撮影方法で写真を撮ることです。その体験が撮影後も経験として残り、日々の写真写りが良くなるのです。

また、写真写りだけではなく、撮影による相乗効果で、たくさんのメリットがあります。

・写真が好きになった
・笑顔にコンプレックスが無くなった
・普段からの姿勢が良くなった
・自分の良さに気付き、自信を持つことが出来た
・良い出逢いをして幸せになることが出来た
・ビジネスを成功させることが出来た
・好きな写真を飾ることで、日々写真を見る度に元気が出たり、生活が潤い充実した楽しい日々を送れた

そんな幸せを感じることが出来るのです。
写真を撮られる行為は、自分の心を表現することになります。
自信がない、恥ずかしいと思っていては何も変わりません。
一歩前へやってみよう!と行動すること、自分を表現することで変わっていけます。

20171103_0370_quan1159_r

写真撮影を通して、写真写りが良くなって、自己表現する楽しさを知ってもらいたい。そして、自分をもっと好きになってもらえたら幸いです。
そして、写真は撮って終わりではなく、それを飾ることでポジティブな気持ちが継続します。
是非、お気に入りの写真をお部屋に飾ってみてください。
もっともっとキレイになれますよ!
そんな『写真を飾る生活Style』を提唱して行きたいと思っています。

これを読んで、「写真写りがそんなに簡単に良くなるの?」「私、上手く笑えないから・・・」「自分の顔が嫌い」と不安な方もいらっしゃると思います。
当Webサイトで使用している写真を見てください。一切モデルは使用しておりません。
一般の方が、これだけキレイで魅力的に写ることが出来るのです。
どうぞ是非、撮影させて頂いた『お客様の声』をご覧になり、お確かめください。
全力でお手伝いさせて頂きます。

ご予約はこちらから

ご予約はこちらから

営業時間:9:00~20:00
定休日:年末年始
(詳しくはお問合せ下さい)

img_cb

TOP